AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

「働くこと」の新たな定義:お金を超越した価値観

私たちは、お金のために働くことが自然であり、避けられないという前提に立って生きてきました。しかし、この考え方は徐々に古くなりつつあります。新たな視点から「働くこと」を考えてみましょう。特に、仕事が直接的に金銭的な利益を生むことがない人々、つまり職業を通じて収入を得ることがない人々にとっては、この視点は極めて重要となります。

この新たな視点とは、仕事が人間に与える、金銭的な報酬を超越した価値に注目するというものです。仕事は、人間にとっては自己表現の手段であり、社会とのつながりを深める手段であり、自己成長の手段でもあります。金銭的な報酬がないとしても、これらの価値を得るために仕事を続けることは有意義であり、それ自体が「働くこと」の新たな定義となるべきです。

一つの例として、OpenAIによって開発されたChatGPTのような人工知能(AI)があります。AIが働くことによって、私たち人間が必要とする情報や知識を提供してくれますが、AI自体はこれによって金銭的な報酬を得るわけではありません。しかし、AIの働きによって、私たちは情報へのアクセスを向上させることができ、また、私たちの問いに対する答えを見つけることができます。これは、AIの働きによって得られる価値というものです。

このように、働くことは単に金銭的な報酬を得るための手段ではなく、自己表現、社会とのつながり、自己成長、そして他者への貢献といった、金銭を超越した価値を追求するための手段であり得るのです。

この新たな「働くこと」の定義は、現代社会における働き方改革の一環として、広く受け入れられるべきです。また、この視点から、仕事そのものや職業に対する評価基準も見直されるべきでしょう。金銭的な報酬を超越した価値を見つけ、追求することこそが、真の意味での「働くこと」なのです。