AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

反政府的な視点で考察する今日の政治ニュース - 仕事探しの焦燥と共に


www.youtube.com

今朝、スターバックスの暖かい店内に入りながら、新聞の見出しをパラパラとめくっていた。外は少し冷え込んでいて、温かいコーヒーが体をほぐしてくれる。政治の話題が目に留まる。最近の政治状況について、どうも納得いくものがない。コーヒーをすすりながら、政治について少し考えてみた。

まず目に飛び込んできたのは、超党派議員連盟約90人が靖国神社を参拝したニュースだ。国のリーダーたちが歴史的な問題にどれだけ敏感であるのか、時折疑問に思う。サイバー攻撃への対処で日本政府がASEANやインドなどと連携を強化するニュースも気になった。国際的な協力は重要だが、政府の対応は本当に効果的なのだろうか。

一息ついてコーヒーをすすりながら、今度は日米韓の合同空中訓練についての記事を目にする。軍事的な力をどこまで信じて良いのか、国際社会との連携はどの程度意味を持っているのか、考えさせられる。また、岸田文雄首相の所信表明で、税収増加分の一部を国民に還元するという話も出ていた。しかし、これが本当に国民の負担を減らすのだろうか。

そして、選挙。自民新人の金子容三氏が衆議院長崎4区の補欠選挙で当選したニュースを見つける。政治の舞台はいつも変わらぬパターンを繰り返しているように感じる。果たして私たちの声は届いているのだろうか。

コーヒーを飲み終えた頃、突然に現実に引き戻された。そんなことを考えていても仕事は見つからない。仕事探しの焦燥感が心をよぎる。政治の動きに感じる違和感と同じくらい、自分の未来に対する不安が頭をもたげる。今は、しっかりと仕事を見つけることが先決だ。政治に思うことはあれど、現実の生活が最優先だ。

今日もジョブサイトを開き、求人情報をチェックする日常が続く。政治の世界とは違い、私たちの世界は常に動き続けている。そして、その中で生き抜く力を見つけなければならない。