AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

ADHDのための新時代タスク管理法:適切なタスク表作りによる生活改善

皆さんはタスクリストを作ったことはありますか?リストにはやりたくないことや、まだ完成していないことが書かれ、それを見るだけで気分が沈んでしまうことはありませんか?特にADHD(注意欠陥・多動性障害)の方にとって、タスクリストはストレス源となることも多いです。

なぜなら、ADHDの特性上、タスクの分割や優先順位の設定、そしてそれを一つずつ処理することは困難で、タスクリストを見るだけでやりたくないこと、できていないことが顕在化され、圧倒されてしまうからです。

しかし、ここで一つ考えてみてほしい。本当に問題なのはタスクリストそのものなのでしょうか?それとも、それがADHDの特性に合わせて作られていないからなのでしょうか?

私たちは、ADHDの方々が生活しやすい社会を作るため、ADHDに最適なタスク表の作り方を考えてみました。

まず、タスク表は大きく分けて3つのポイントに焦点を合わせることが大切です:「シンプルさ」「直感性」「可視性」。

  1. 「シンプルさ」- タスクは簡潔に、そして1つのアクションに焦点を当てて書きましょう。詳細過ぎると途中で迷子になってしまう可能性があります。
  2. 「直感性」- タスクは自分が直感的に理解できるように記述しましょう。それは色分けであったり、図示したり、言葉を絵で表したりすることも含みます。
  3. 「可視性」- そして、タスク表は常に見える場所に置くこと。タスクを忘れてしまうことのないよう、常に見える位置にタスク表を置くことが大切です。

そして最も重要なのは、タスク表を「罰」ではなく「報酬」のためのツールと捉えることです。タスクを消化したら自分へのご褒美を設定するなど、前向きな意識でタスク管理を行うことが、ADHDを持つ方々にとって有効です。

この考え方であれば、タスク表はもはややりたくないこと、できていないことのリストではなく、自分の目標達成を助けるツールとなります。

結局のところ、タスク表はその人その人の性格や状況に合わせてカスタマイズするべきものです。この記事が、ADHDの方々がより生活しやすい社会を作る一助になれば幸いです。

以上、"ADHDのための新時代タスク管理法:適切なタスク表作りによる生活改善"でした。皆さんの日常生活に少しでも役立つ情報を提供できれば嬉しいです。次回もお楽しみに!