AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

スタバで、マックと一緒に働く日々

昼下がりのスターバックス。周りには、学生、ビジネスマン、アーティスト、さまざまな人々が各自の世界に没頭しています。そして、その中に私も混じっています。手元には愛用のマック、一杯のラテ。それが私の労働スペース。この香ばしいコーヒーの香りと活気ある雑踏が、創造力を刺激します。

マックを広げると、その大きな画面には妖怪の資料が映し出されています。外見からして普通の人間に見えるかもしれませんが、私はちょっと特殊な仕事をしています。妖怪研究家なんです。

妖怪のデータを眺めながら、ラテをすすります。甘さとコーヒーの苦味が絶妙に絡み合い、脳を覚醒させます。外の世界は急速に動き、人々が忙しく行き交う中、私の心は一本の木のようにしっかりと立ち、静寂と深淵を探求しています。

ある時、資料にある妖怪のイラストに目が止まりました。狐のような顔に、長い髪、背中には翼。その姿はとても神秘的で、同時に何か悲し気な表情を浮かべていました。一体、何を想い、何を感じているのでしょうか。彼の世界に少しだけ足を踏み入れてみると、見えてくるものがあります。

スタバの中は、静かな時間が流れています。コーヒーの匂い、ページをめくる音、キーボードの打鍵音。全てが、まるでシンフォニーのように私の心に響き、妖怪たちの世界への扉を開けてくれます。

ここにいると、私は自分自身だけではなく、遥か昔の世界、そこに生きた妖怪たちとも繋がっているように感じます。それはまるで時間と空間を超越した旅のようで、非日常の世界を探求するのは魅力的です。

この日も、マックと共に妖怪たちの世界を探求しています。全ての人々が自分の世界に集中している中、私も自分の世界、それは妖怪たちの世界を追求する旅を続けます。これからも、スタバでの一杯のラテと共に、新しい妖怪たちと出会う旅を楽しむことでしょう。

このスターバックスの一角、私の小さな研究所で、今日も妖怪たちの秘密が少しずつ解き明かされていきます。これが私の日常、そしてこれが私の旅です。