AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

一般先取特権

夜深く、日本のある小さな町で怖い話が囁かれていた。それは特権を持つ妖怪についての話だ。この妖怪は人々に影響を及ぼす独特の能力を4つ持っているという。それぞれが共益費用、雇用関係、葬式費用、日用品供給に関連していた。

1. 共益費用に関する能力:

町の住人たちは、自分たちが払っているはずの共益費用が異常に増えていることに気づいた。人々はそれがこの特権妖怪の仕業だと恐怖に打ち震えた。この妖怪は、人々の財布から金をすっと盗み取り、その代わりに莫大な共益費用の請求書を残していく。その被害者は生活苦に陥り、日々を悔やむだけだった。

2. 雇用関係に関する能力:

この特権妖怪は、人々の雇用関係を乱す能力も持っていた。安定した職に就いている人々が、突然解雇され、その場を離れると新たな人々が雇われる。誰もその理由を理解できず、妖怪の仕業としか思えなかった。被害者は混乱と不安に包まれ、その未来は暗黒に覆われていった。

3. 葬式費用に関する能力:

妖怪の次の能力は、死に関連するものだった。誰かが亡くなると、その家族には葬式費用が膨大に請求される。その額は通常の何倍もあり、払うことができない家族は深い絶望に陥った。妖怪は、人々の悲しみを笑って見ているかのようだった。

4. 日用品供給に関する能力:

最後の能力は日用品供給に関連していた。妖怪は人々の家から食料や日用品を消し去り、代わりに価値のないものを置く。この被害に遭った人々は、自宅でさえも安全ではないと感じ、恐怖に襲われた。

 

これらの妖怪の能力は、町の人々に深い恐怖を植え付けた。誰もがその特権妖怪の力に打ちのめされ、不安と絶望に苛まれていた。だが、それぞれの困難を乗り越え、結束力を持って妖怪に立ち向かうことで、町の人々は新たな希望を見つけることができるのだろうか。この物語は、まだ終わりを迎えていない。