AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

『ダブルディール』2022年行政書士試験問46より

主人公はジョン・スミス、骨董品店を経営していた。彼の店は、シカゴ市内にひっそりとある、初めての訪問者には見つけるのが難しいような場所にあった。しかし、宝石のような店だけに、知る人ぞ知る存在であり、一度訪れた者は繰り返し足を運ぶようになる。

スミスが持っていた一つの貴重なアンティーク品、古時計がこの話の中心になる。その古時計は、かつて名門リッチモンド家が所有していたもので、彼はそれを所有者のエドワード・リッチモンドから買い取った。

ところが、その事実を知ったトム・クラークは、スミスに対する怨恨(過去の恨み事)を晴らすために、エドワードをそそのかして古時計を二重にクラークに売却させ、すぐに彼の名義で登録させた。その後、クラークは、古時計をサラ・デニスに転売し、転売登記を完了させた。

スミスは、デニスに対して古時計の所有権を主張しようとした。しかし、法律的には難しい立場に立たされる。なぜなら、クラークが背信的な行為(信頼を裏切る行為)をしたとはいえ、彼はエドワードから古時計を法的に取得し、所有権を持っていたからだ。そして、クラークは所有権を正当にデニスに譲渡し得る立場にあった。

スミスの調査が進む中、デニスが自身の財産を増やすために、クラークの悪事を知っていたかどうかの疑念が浮上する。しかし、スミスがデニスを背信的な悪意者(他人を意図的に傷つける者)として証明することはできず、結果的に古時計の所有権はデニスに帰属した。

スミスは、この出来事から多くのことを学び、より厳格な取引プロセスを確立することを決意した。物語は、彼が新たな一日を迎え、店の扉を開けるところで

終わる。