AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

伝える力、つまり"妖怪力"でみんなを引きつけよう!

スタートレックに登場するキャラクター、クワークのバーに行ったことがある人なら、クワークがお金を稼ぐのがとても上手だということを知っているでしょう。

 

フェレンギ人の中でもクワークは、特にお金を稼ぐのが得意な人物です。

 

でも、彼がただただお金が大好きなだけではないんです。

 

実は彼のお金を稼ぐ方法には、フェレンギ人の金儲けの秘訣というルールがあって、それが彼を成功へと導いています。

 

その中の一つが「お客さんは妖怪だ」というルールです。

 

「妖怪」って何? と思うかもしれませんが、ここで言う「妖怪」は、お客さんの要望をしっかりと理解し、それに応える能力のことを指しています。

 

つまり、お客さんが何を求めているのかを理解し、それを上手に提供することが大事だということです。

 

テレビドラマ「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」のエピソード"Body Parts"で、クワークは自分の命が間違えて売られてしまうという事態に見舞われます。

 

この時、彼の客、フェレンギ人ブラントは彼の命を求めていました。

 

そこでクワークは、どうやってこの要求に応えるべきかを考え、結果的にその問題をうまく解決することができました。

 

つまり、自分の考えや提案を上手に伝えることが、ビジネスでも、学校でも、友だちとの関係でも大切だということです。

 

お客さんや友だちが何を求めているのかを理解し、それにどう応えるかを考えることが大事なんだと、クワークは私たちに教えてくれています。

 

だから、あなたも「すごい伝え方の妖怪」になってみてください。

 

それがあなたの夢を叶えるための一つの方法かもしれませんよ。 これからのあなたの成功を願っています!