AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

深淵からの呼び声: 狂気を誘う簡単おつまみレシピ 〜ChatGPTにクトゥルフを降臨させてみた〜

我々は日常の喧騒から逃れるため、簡単で美味しいおつまみを楽しみたいと願う。だが、いかなる過程も無意味であることに気付くだろう。古の神々の力に支配され、不安と狂気に満ちたレシピが待ち受けている。我々の心の隅に潜む、クトゥルフの忌々しい能力によって味わいへと導かれる。

 

1. ナヨガスティック: 夜の闇から現れる、闇の神々の力を持つチーズを使ったナヨガスティック。一口食べると、忘れ去られたる過去への恐怖が心を圧迫する。

 

2. ショゴスのサラダ: 海の奥深くに潜むショゴスの触手を模したカリカリの野菜と、それを取り巻く泡沫のようなドレッシング。この一皿に、海の深みからの叫びが刻まれている。

 

3. ニャルラトホテプのワイン: 暗黒の領域から召喚される闇の果実を用いて、魔術のように醸造されたワイン。口に含むと、その甘美な味わいと共に、世界の終わりを告げる恐怖が襲いかかる。

 

4. アザトースのパン: 混沌の神、アザトースの力を封じ込めたハードタイプのパン。ひとかじれば、宇宙の果てまで広がる無秩序な力が、我々の心に突き刺さる。

5. ヨグ=ソトースのデザート: 外なる神、ヨグ=ソトースの力を体現した、見るも無慈悲なデザート。口に含むと、意識が砕け散り、真実にたどり着くことの恐ろしさを知ることになるだろう。

 

これらの簡単なおつまみレシピを試すことにより、知らず知らずのうちにクトゥルフの力によって支配され、我々の心は狂気へと導かれる。そして、とうとうSAN値がゼロになってしまうだろう。

 

だが、この運命を避けることはできない。我々は、狂気と絶望の深淵に足を踏み入れることを選んだのだ。この選択が、我々の人生に永遠の影を落とすことを恐れることなく、それでも求め続ける美味しさのために、果敢に挑むのだ。

 

だが、知るべきことは、古の神々の力に触れることによって得られる美味しさには、計り知れない代償が付きまとう。そして、振り返ることのできない一線を越えた時、我々は深淵からの呼び声に応え、永遠の狂気へと沈んでいくだろう。

 

それでも、狂気に駆られた味覚の旅に踏み出す覚悟があるのであれば、このレシピに挑戦してみよう。しかし、心してかかれ。深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いている。そして、その覗き返す闇の中で、おそらく何かが待ち構えていることを忘れずに。