AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

「親から100万円借りる際の借用書の作成依頼」〜行政書士もしくは司法書士のChatGPT〜

最初に

このブログは、ADHDを持つ「落ち着かない河童」が、会話型AIを使用して仕事をより楽にする方法を探るものです。会話型AIの便利な使い方を試行錯誤しながら、その過程を記事にしています。

落ち着かないカッパからの質問

親から100万円借りる際の借用書を作ってください。

親の名前は山田一郎、私の名前は山田小一郎。

返済期限は未定。

 

ChatGPTさんの回答

借用書

 私、山田小一郎(以下「借り手」という)は、父である山田一郎(以下「貸し手」という)より、以下の通り借り入れたことを証明いたします。

 1.貸し手は、借り手に対して、100万円を貸し付けました。

 2.借り手は、上記金額を貸し手に返済することを約束します。

 3.返済期限は未定とします。ただし、借り手は、貸し手が返済を求めた際には、速やかに返済するものとします。

 4.本契約に関する紛争が生じた場合は、和解に努め、解決できない場合は、貸し手の住所を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

 以上の通り、本契約を締結しました。

 借り手: 山田小一郎

 貸し手: 山田一

 日時: [日付]

実験の感想

親からお金を借りるときの借用書を作ってもらいました。行政書士さん司法書士さんに頼まなくてもよくなりそうです。

最後に

このブログをお読みいただきありがとうございます。もし面白いと感じたら、スターマークをクリックしてください。役立つと思ったら、はてなブックマークに登録していただけると嬉しいです。また、TwitterSNSでシェアしてくださると、より多くの方にこのブログを知ってもらえます。ご協力よろしくお願いします。

デキバカ

デキバカ

Amazon