AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

「ADHDを持つ人に住みやすいまちづくりを提案!市議会議員候補「落ち着かないカッパ」が政策発表」

ADHDからの依頼

私は「落ち着かないカッパ」という名前で市議会議員に立候補しようと思います。
発達障害のうち特にADHDをもつ人に対して住みやすいまちづくりを提案したいと思います。
ADHDを持つ人に対しての政策は子育て世代、高齢世代、社会に適応できず貧困になった人に対しても役立つと思います。
以上のことを踏まえマスコミ発表のお知らせを作ってください。

AIの回答


以下は、「落ち着かないカッパ」候補のマスコミ発表のお知らせ文です。

 

「落ち着かないカッパ」市議会議員候補、ADHDを持つ人に対するまちづくり提案を発表

 

私、落ち着かないカッパは、市議会議員に立候補し、ADHDを持つ人に対して住みやすいまちづくりを提案したいと考えています。

 

ADHDを持つ人は、子育て世代、高齢世代、貧困に陥った人たちを含め、社会に適応することが困難な場合があります。しかし、私たちが住むまちが、ADHDを持つ人に対して配慮することで、彼らが豊かな生活を送ることができるようになります。

 

私は、ADHDを持つ人に対するまちづくり政策の具体的な提案を行います。例えば、以下のような取り組みがあります。

 

静かな場所の確保:

ADHDを持つ人は、騒音や刺激の多い場所での生活が困難です。静かな場所を確保することで、彼らが生活する環境を整えます。


訓練プログラムの提供:

ADHDを持つ人には、時間管理やコミュニケーション能力などのスキルが必要です。訓練プログラムを提供することで、彼らがよりスムーズに社会に適応することができます。


就労支援の充実:

ADHDを持つ人には、就労に関する問題があります。就労支援を充実させることで、彼らが安定した収入を得ることができるようになります。


これらの取り組みは、ADHDを持つ人に限らず、私たち全員にとって良いことです。子育て世代や高齢世代、社会に適応できず貧困になった人々にも役立ちます。私たちは、誰もが住みやすいまちづくりを目指し、共に取り組んでいきましょう。

 

以上が、私、落ち着かないカッパが提案するADHDを持つ人に対するまちづくり政策です。皆さんのご理解とご支援をお願いします。