AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

ADHDのあるあなたへ!効果的な報告術と具体的なエピソードで成功をつかむ方法

こんにちは、皆さん!今日は、ADHDの方々が他の人に報告する際のコツをお伝えします。

 

私自身、ADHDを持っているので、皆さんと同じ悩みを持ちながら、日々工夫しています。この記事では、私が実際に試して効果があった方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1. 報告の目的や内容を明確にする

ある日、上司にプロジェクトの進捗報告を求められました。

最初は何を話せばいいかわからず、うろたえてしまいましたが、相手が何を知りたいのか、自分が何を伝えたいのかを明確にすることで、スムーズに話すことができました。

 

2. 報告の構成を作る
プロジェクト報告では、タスクごとに項目や見出しを作成し、順序立てて整理しました。これにより、上司も一目で状況が把握でき、効率的な報告になりました。

 

3. 報告の要点をまとめる
報告の際、最初にプロジェクトの全体像を簡潔に伝え、最後に重要なポイントや結論をまとめました。これにより、上司に強い印象を与え、理解されやすくなりました。

 

4. 報告の時間を守る
報告時間は限られています。そのため、報告にかける時間を事前に把握し、時間内に終わるよう計画しました。時間が足りない場合は、優先順位の高い内容に絞ることが大切です。

 

5. 報告の練習をする
実際に報告する前に、何度も声に出して練習しました。また、同僚に聞いてもらい、アドバイスをもらうことで、さらに自信をつけることができました。

 

まとめ
以上の方法を試してみて、私自身、報告がとてもスムーズになりました。

 

ADHDの方は、注意力や集中力が散漫になりやすいため、報告する際には特に工夫が必要です。この記事が皆さんのお役に立てば嬉しいです!