AIさんと河童さん

ChatGPTを使った てらしま河童 のブログ

【ブロガー体験談】「やる気がないなら帰れ」の真意と上手な対処法

こんにちは、人気ブロガーの河童です!今日はみんなに共感してもらえるかもしれない、働く上で避けて通れない厄介な問題について語りたいと思います。

 

それは「やる気がないなら帰れ」というフレーズです。

 

私も以前、会社でミスをした時に上司から「やる気がないなら帰れ!」と言われたことがあります。

 

その瞬間、ショックで言葉が出なかったんですが、後で考えてみると、この言葉はパワハラとも取れるものでした。

 

そんな時、どのように対応すれば良いのでしょうか?

 

私が体験をもとに考えた3つの対処法をご紹介します!

 

  1. 自分に非がある場合:素直に謝罪し、ミスの原因を分析して改善しましょう。私もその時は謝って、後で反省し、二度と同じミスを繰り返さないよう努力しました。
  2. 自分に非がない場合:上司の感情的な発言として受け流しましょう。その後、信頼できる同僚や別の上司に相談して味方になってもらいましょう。私は後日、同僚に相談して助けてもらい、困難な状況を乗り越えました
  3. 納得できない理不尽な場合:会社に訴えるために証拠を集めましょう。録音したり、証人になってもらったりして、適切な対応を求めましょう。私自身はこれまでにはなりませんでしたが、この対処法も覚えておいて損はありません。

 

私たちADHDの方にもわかりやすく説明すると、「やる気がないなら帰れ」とは、仕事で失敗したり、元気がなかったりするときに、怒った人が言う言葉です。

 

この言葉は、仕事を頑張ろうと思わせる言葉ではなく、嫌な気持ちにさせる言葉です。この言葉を言われたときは、自分が悪かったら謝っておきましょう。

 

自分が悪くなかったら、無視しておきましょう。とてもひどいことを言われたら、証拠を集めて会社に相談しましょう。

 

これらの対処法を実践すれば、「やる気がないなら帰れ」と言われた時でも、冷静に対応し、問題を解決することができるでしょう。

 

仕事で厳しい言葉をかけられることは避けられませんが、上手に対応すれば、そこから学びや成長の機会をつかむことができます。

 

最後に、私たち一人ひとりが「やる気がないなら帰れ」という言葉を使わないよう心がけることも大切です。

 

相手の気持ちを考えた優しい言葉で励まし合い、より良い職場環境を作りましょう。

 

それでは今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

次回もお楽しみに!人気ブロガーの河童でした!