AIさんと河童さん

ChatGPTを使った寺嶋河童のブログ

映画・小説と歴史の間:エンターテイメントとしての歴史表現

タイトル:「映画・小説と歴史の間:エンターテイメントとしての歴史表現」

私たちはしばしば、自身の見解を押し付けるためだけに映画を鑑賞する一部の観客に遭遇します。彼らはストーリーを純粋に楽しむのではなく、批判の対象を探しています。これは、エンターテイメントと歴史が交錯する映画やドラマに対する見方について考えるきっかけとなります。

大河ドラマを考えてみましょう。例えば、戦国時代の豊臣秀吉徳川家康が現代的な視点から合戦を繰り広げる描写があるとしても、それは時代劇の一部として受け入れられます。視聴者はこれを見て、当時の人々の感情や視点が正確に表現されていないと批判することは少ないでしょう。

小説や映画「永遠の0」のような作品も同様です。これらの作品は創作であり、作者の自由な発想と表現によって生まれます。言論の自由や思想の自由を通じて、作者は自分の考え方を書き表すことが可能です。もし作品が気に入らなければ読まなければいいし、映画であれば見なければいい。歴史的な事実との差異を見つけるためだけに作品を見るのは、創作の本質を見失っていると言えるでしょう。

例えば、岡田准一さんが主演した大河ドラマ軍師官兵衛」での彼の演技を振り返ると、「私は戦場で死ぬんだ。生きて帰れない。」という台詞があっても不自然ではないでしょう。しかし、「永遠の0」においてはそういう展開は違って見えるかもしれません。

同様に、「刀剣乱舞」が舞台上で繰り広げられたり、大奥が男ばかりに描かれたりすることが歓迎される一方で、第二次世界大戦を題材にした映画や小説においては、一部の人々から虚構の要素が許されないという声が

上がることがあります。

このような考え方は、ある種の呪いや祟りを恐れていると解釈できます。つまり、戦争を扱った小説はエンターテイメントというより、戦争で命を落とした人々や遺された家族の鎮魂のためのものとして位置づけられがちです。

しかしながら、私たちはいつまでも歴史を鎮魂の物語として語り継ぐだけではなく、それをエンターテイメントとしても扱うべきではないでしょうか。明治、大正、昭和といった時代を描く小説や映画を、エンターテイメントとして観客に提供することで、歴史に対する新たな視点や理解を生み出すことができます。それこそが、映画や小説が歴史を扱う真の意義となるでしょう。